ロレックス(ROLEX)買取詳細

時計買取専門店 ホーム >

取扱いブランド一覧 >

ロレックス(ROLEX)買取事例

ただいま、ロレックス(ROLEX)強化買取中!査定に掛かる費用はすべて無料! ウォッチファンがロレックス(ROLEX)を高額買取可能な3つのポイント! 他社と比較するとこんなに変わるロレックス(ROLEX)の査定額
選ばれる6つの理由

ロレックスの買取強化アイテム

ロレックス サブマリーナ 16618LB|時計買取価格例

1,520,000円

[ロレックス サブマリーナ 16618LB]

C社価格1,420,000円

D社価格1,220,000円

買取差額"最大"

300,000円

ロレックス デイデイト 18348A|時計買取価格例

1,650,000円

[ロレックス デイデイト 18348A]

C社価格1,520,000円

D社価格1,380,000円

買取差額"最大"

170,000円

ロレックス オイスタークロノグラフ デイトナ 6263|時計買取価格例

2,850,000円

[ロレックス オイスタークロノグラフ デイトナ 6263]

C社価格2,500,000円

D社価格2,200,000円

買取差額"最大"

650,000円

ロレックス デイトナ メテオライト 116509|時計買取価格例

2,300,000円

[ロレックス デイトナ メテオライト 116509]

C社価格1,900,000円

D社価格2,100,000円

買取差額"最大"

400,000円

ロレックス デイデイト 18348A|時計買取価格例

1,700,000円

[ロレックス デイデイト 18348A]

C社価格1,530,000円

D社価格1,400,000円

買取差額"最大"

300,000円

ロレックス ミルガウス 116400|時計買取価格例

650,000円

[ロレックス ミルガウス 116400]

C社価格580,000円

D社価格520,000円

買取差額"最大"

130,000円

ロレックス デイトジャスト 116234|時計買取価格例

490,000円

[ロレックス デイトジャスト 116234]

C社価格450,000円

D社価格420,000円

買取差額"最大"

70,000円

ロレックス サブマリーナデイト 116610LN|時計買取価格例

790,000円

[ロレックス サブマリーナデイト 116610LN]

C社価格720,000円

D社価格620,000円

買取差額"最大"

170,000円

ロレックス エクスプローラーI 214270|時計買取価格例

560,000円

[ロレックス エクスプローラーI 214270]

C社価格480,000円

D社価格420,000円

買取差額"最大"

140,000円

ロレックス GMTマスター 16700RL|時計買取価格例

585,000円

[ロレックス GMTマスター 16700RL]

C社価格510,000円

D社価格420,000円

買取差額"最大"

165,000円

宅配保険が0円
壊れた時計でも高額買取
時計以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

ロレックス(ROLEX)買取事例

ロレックス116619GLB サブマリーナ―|時計買取価格例

2,500,000円

[ロレックス116619GLB サブマリーナ―]

C社価格2,200,000円

D社価格2,000,000円

買取差額"最大"

500,000円

ロレックス 116233|時計買取価格例

680,000円

[ロレックス 116233]

C社価格450,000円

D社価格380,000円

買取差額"最大"

300,000円

ロレックス 69178|時計買取価格例

1,400,000円

[ロレックス 69178]

C社価格720,000円

D社価格550,000円

買取差額"最大"

850,000円

ロレックス 16264|時計買取価格例

420,000円

[ロレックス 16264]

C社価格250,000円

D社価格200,000円

買取差額"最大"

220,000円

ロレックス 16234|時計買取価格例

350,000円

[ロレックス 16234]

C社価格300,000円

D社価格280,000円

買取差額"最大"

70,000円

ロレックス 6610|時計買取価格例

1,000,000円

[ロレックス 6610]

C社価格500,000円

D社価格520,000円

買取差額"最大"

500,000円

ロレックス 6263|時計買取価格例

3,500,000円

[ロレックス 6263]

C社価格3,200,000円

D社価格2,900,000円

買取差額"最大"

600,000円

ロレックス 5512|時計買取価格例

600,000円

[ロレックス 5512]

C社価格520,000円

D社価格450,000円

買取差額"最大"

150,000円

ロレックス 1655|時計買取価格例

1,450,000円

[ロレックス 1655]

C社価格1,150,000円

D社価格1,000,000円

買取差額"最大"

450,000円

ロレックス デイトナ 116515LN|時計買取価格例

2,150,000円

[ロレックス デイトナ 116515LN]

C社価格1,800,000円

D社価格1,600,000円

買取差額"最大"

550,000円

選べる3つの買取方法

宅配での時計買取

遠方からでも買取させて頂けるよう、宅配買取も実施中!もちろん手数料・宅配キットは一切無料で、全国どちらでもご送付させて頂きます。ご返送の際の配送料も当然無料!手間が少ない、無料宅配サービスです。査定価格をご連絡し、ご指定の口座に即日入金させて頂きます。

詳細はこちら

店舗での時計買取

最短5分で査定結果が出る!査定料無料!即日現金支払い!時計の買取経験が豊富な熟練の鑑定スタッフが大事な時計を1つずつ慎重に査定させて頂きます!ご成約の場合その場で現金をお受け取りください。

詳細はこちら

出張での時計買取

時計の数が若干多い場合など、わざわざ店頭へ行くのが難しい方、又は多忙であまり店舗に行く時間が取れない方。そういった方々の為に出張買取(無料)も実施しております。お客様と日程の調整をし、ご自宅までお伺いします。買取金額もその場で現金支払い致します。

詳細はこちら

取扱い時計ブランド一覧

簡単!ネット買取の流れ

flow

こんな状態でも買取致します!

文字盤の傷
文字盤の傷

ベルトの劣化
ベルトの劣化

文字盤焼け
文字盤焼け

コマ詰め
コマ詰め

多少の汚れや傷があっても買取OK!
ただし買取金額にも影響してくるので、日頃のお手入れやメンテナンスを心がけましょう。

宅配キットを申し込む

買取をされたお客様の声

お客様の声一覧へ

カスタマーレビュー ロレックスブランド情報

世界の名だたる高級時計の中でも、知名度が高いのロレックス(ROLEX)。 幅広い層に支持され、世界各国の著名人の中にも愛用者の名前が並んでいます。1905年にイギリスのロンドンで設立された時計販売会社が前身であり、 事務所をスイス(現本社はジュネーブ)に移した後、1908年にブランドとしてロレックスが商標登録されました。防水性や防塵性に優れたオイスターケースやパーペチュアル(自動巻き機構)、 デイトジャストなどの画期的なシステムを数多く開発したことでも有名で、この技術を武器にロレックスは時代の最先端を走っていくことになりました。 また、ロレックス(ROLEX)という名前の由来も 「どの言語でも発音しやすいように」といった意味があり、当初からグローバルな展開を戦略化していたブランドでもあるのです。 1950年代以降は「エクスプローラー」と、ダイバーズウォッチの名作「サブマリーナー」を皮切りに、「GMTマスター」「デイ・デイト」など、数々のベストセラーを世に送り出し、 1960年代にはサーキットの世界にも進出。「コスモグラフ・デイトナ」を発売(1961年)し、デイトナで名を馳せたクロノグラフは、やがてサーキットには欠かせないアイテムとなりました。 1980年代以降も、推進1220mまでの防水を保証する「シードゥエラー4000」、「GMTマスターⅡ」「オイスター・パーペチュアル・コスモグラフ・デイトナ」「オイスター・パーペチュアル・ デイト・ヨットマスター」といった名品を発売。歴史を刻んだモデルは常に進化を続けており、ロレックス(ROLEX)は現在の買取市場でも高い人気を集めているのです。

ロレックスの時計 デイトナとは

アメリカに於いて最も歴史のあるサーキットで知られるフロリダ州の「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」が由来するとされるスポーツモデル、デイトナ。現行モデルには、ロレックスが月日をかけて開発した自社クロノグラフムーブメントcal.4130を搭載。 これにより全てのムーブメントがロレックスのオリジナル製となりました。リューズを引くと秒針が止まるハック機能が追加され、パワーリザーブ機能が性能を上げ、まさに ロレックスの最高技術が集結した人気モデルです。

ロレックスの時計 エクスプローラIとは

上品なサイズ感、オールド・ロレックスの良さを継承するモデルとして今も尚絶大な人気を誇る、エクスプローラI。他モデルと一線を画すアナログスタイルは、単なる高級腕時計ではなく「機械式」の魅力を感じさせてくれる作品となっている。冒険家を意味するエクスプローラーという名の通り耐久性面でも優れており、実際に登山家等にも愛用されている。

ロレックスの時計 エクスプローラーIIとは

エクスプローラIの上位機種として1972年に誕生したエクスプローラーII。GMT機能を搭載しており2つのタイムゾーンを文字盤に表示させることができるため、海外渡航の多い人々にも愛用されている。エクスプローラーIIの16550モデルは数年間で生産中止となり、現在では非常に希少性の高いモデルとしてファンから注目を集めている。

ロレックスの時計GMTマスターI、IIとは

1955年、パイロットのために開発されたGMTマスター。このモデルの特徴は両方向回転が可能なベゼル。又、独立した24時間針。そしてなんと異なる3つのタイムゾーンを表示可能な点。そのため多くの国際線パイロットや世界中を股にかけるビジネスマン、旅行者たちに愛用されていることで知られる機能性の高いモデル。

ロレックスの時計 ヨットマスターI、IIとは

高級感あるスポーツモデルとして人気を誇るヨットマスター。デザイン性の高いベゼル、プラチナ製の文字盤など、高級感が加味され上質さを感じさせてくれるモデル。ヨットマスターの名の通り、マリンスポーツを楽しむ人の要望に応えるモデルとして開発されました。電池式ではなく非常に繊細な機械部品により組み立てられている伝統的な構造のヨットマスターは、職人技であるアナログ時計の良さでも人気を集めています。

ロレックスの時計 ミルガウスとは

1950年代、耐磁性能を搭載させたモデルとして誕生したミルガウス。時計の耐磁性能を必要とする職業である医師や、科学者、技術者などの要望に応える形で開発されました。ミルはフランス語で1,000を意味します。1,000ガウスの磁力に耐え得る時計としてミルガウスの名が命名されました。デザイン面ではミルガウスを象徴する珍しい稲妻形の秒針がロレックスの新しい可能性を感じさせてくれる作品となっています。

ロレックスの時計 サブマリーナとは

「潜水艦」を意味するサブマリンから命名されたサブマリーナ。1950年代後半に登場したモデルRef6538は、世界初の全回転両方向巻き上げのムーブメントCal.1030で200mの潜水が可能な防水性能を実現。その後Ref1680では300m防水に。現行モデル116610LNは更に性能面を一新させ、セラクロムというセラミックによって強度と高級感が上がり、夜光塗料クロマライトが採用されたことで針が暗所で明るく発光するなど、日々進化を遂げているモデル。

ロレックスの時計 シードゥエラー、シードゥエラーディープシーとは

シードゥエラー、ディープシー共に、その名の通り防水構造に優れたモデル。潜水にはあらゆる場面で正確な時計が生命にとって重要となる。ディープシーは、スイスで製造され潜航で深度10,916mの世界記録を達成した潜水艦バチスカーフ・トリエステ号の試作機「ディープシー・スペシャル」から命名されました。機械式の腕時計では最高峰となる3900mの潜水が可能な防水性能を持ち、エリートダイバーたちが信頼を置く伝説的な時計です。

ロレックスの時計 デイトジャストとは

まさにロレックスの定番モデルとして絶大な人気を誇るデイトジャスト。流行に左右されないロレックスらしいシェイプかつ、定番の黒・白の文字盤だけでなくピンクシェル・ホワイトシェル・イエローシェルなどの色味に加え、メンズ・ボーイズ・レディースなどサイズにも柔軟性あるラインナップを揃え、幅広く多彩なデザイン面でもロングセラーとなっているモデルです。

ロレックスの時計 デイデイトとは

1956年に誕生したデイデイト。デイデイトは、日付のみならず文字盤にフルスペルで曜日を表示する、世界初のカレンダー性能を併せ持つ腕時計でした。著名界や映画界でも広く愛用され、その名声を広げていきました。ケース素材の金属部分にはゴールドとプラチナのみを使用した、気品漂う高級モデルとして世界中で愛されています。

ロレックスの時計 オイスターパーペチュアルとは

1930年頃、ロレックスはそれまで世に出ていた自動巻を実用性の伴ったものへと一新させ、オイスター・パーペチュアルを開発。15時間のドーバー海峡横断に成功した、ロンドンの女性速記者メルセデス・グライツ。泳ぎ切ったその左腕には、尚正確な時を刻むオイスターケースのロレックスがあった。それによりオイスターケースの防水性能が証明され、ロレックスは全世界にその名を広めた。

ロレックスの時計 エアキングとは

エアキングの歴史はロレックスのモデルの中でも古く、初代は1940年代に誕生した。伝統的な歴史の重みはシックなデザインにも表現されている。デイト表示やクロノグラフを一切つけないシンプルな外観だが、文字盤には豊富なカラーバリエーションがあり、ダイヤルに刻まれた「PRECISION」の文字は、ロレックスが自信を持って提供する精密さを伝えてくれる。

ロレックスの時計 プリンスとは

プリンスは1920年代~1930年代に販売された歴史あるモデル。近年では新設計のムーブメントcal.7040を備えた復刻版Ref.5440が製造された。ケースは珍しい長方形のモデルで、2ダイヤルを備え、上のダイヤルが時分、下のダイヤルが秒を表示するドクターズウォッチである。アンティーク調の風貌は、眺めるだけでその世界観へと導いてくれる。お洒落にこだわりを持つ大人たちからも、圧倒的な支持を得ている。

ロレックスの時計 チェリーニとは

伝統的なロレックススタイルを貫くチェリーニ。ルネッサンスの最盛期16世紀に宝石のレイアウト・彫金・鋳造などの分野においてその天才的な才能を称えられたベンベヌト・チェリーニに名を由来する。上質なベルトがエレガントさを演出し、あえてシンプルにデザインされたダイアルにより時間の確認がしやすいという利点もある。あらゆるシーンでの相棒的な存在として人気の薄型ドレスウォッチ。

ロレックスの時計 バブルバックとは

1930年頃、時計界に革命を起こしたオイスター・パーペチュアル。天才時計職人アブラハム・ルイス・ブルゲは、 これまで世に送り出されてきたムーヴメントを進化させるべくゼンマイの巻き上げ効率を高め、新たな360度回転のAUTO・TOTOR機構を開発。AUTO・TOTORの厚みにより裏蓋が膨らんだような形状となったためバブル・バックと名付けられた。ダイアルやベルトデザインも豊富で、個性を演出してくれる。

ロレックスの時計 ダナオスとは

16世紀ルネッサンス最盛期を彷彿とさせるライン、チェリーニ。紳士的な雰囲気を演出してくれるチェリーニの中でも、ダナオスは否応なく醸し出す高級感と薄型の形状で、ドレスウォッチとして世界中のコレクターを魅了し、その人気を確立させた。そもそも懐中時計に代わるドレッシーな存在として腕時計は生まれた。本物のヴィンテージロレックス、それがダナオスなのです。

ロレックスの時計 オイスターロイヤルとは

古き佳き時代を象徴するアンティークウォッチ、それがロレックスオイスター・ロイヤル。初期型、後継型それぞれに微妙なデザインの違いがあり、特に初期モデルは現存数が少ないため非常に希少性が高い。1920年代にロレックスが採用したオイスター社製の完全防水ケースは、世界初となる完全防水を実現した。

ロレックスの時計 チェステロとは

しなやかで味わいのあるレザーベルトが、ぬくもりと上品さを演出するチェステロ。それにシンプルなダイアルデザインが相まって、悪目立ちしない高級さを醸し出す。現行ロレックスの中で唯一手巻きムーブメントを採用するチェリーニシリーズ。その中でもチェステロは、時代に流されないフォーマルスタイルを貫く大人の時計といえる。

ロレックスの時計 チェリッシマとは

ロレックスが誇る実用性に加え、抜群の華やかさと高級感で知られるラグジュアリーモデル、チェリーニ・チェリッシマ。究極のドレスウォッチシリーズ、チェリーニの中でも、パーティーシーンには欠かせないのがこのチェリッシマ。手首にはめるだけでエレガントな気分に、人生を華やかにしてくれるようなモデル。

ロレックス買取が高値な理由と専門バイヤー

ロレックス買取が高値な理由として挙げられるのは、確かなる時計の価値があるからであり、年代を関係なくして世界的な支持を現代でも保っています。
安心の設計になっているということも大きく関連していて、中古品であってもほしいという声がコレクターを中心にして巻き起こっているのです。
また、ホームページに記載されている内容を詳しく見ていくようにすることで、ロレックスの本物の価値というものを知ることができるのです。
こういうことを熟知した専門的な知識を持つバイヤーたちが今全国各地を巡ってロレックスの買取を積極的に行っていくような動きをしているということも話題になっています。
一方でブランド時計を手放すのであれば、きちんとした人のところへ持っていくようにしていくことが重要にもなるのです。
デザイン的に古く見えるものであっても、ロレックスは家宝のように大切に扱っていくようにしていくことが望ましいと専門家等は語っています。
今まで述べた点をしっかりと見ていくようにすることで、納得のいくような買取をしていくことも可能となるのです。
そういうことを受け、ロレックス買取が高値な理由は、こういった箇所に実はあると言えるのです。

ロレックスの時計買取ならウォッチファン

時計には日常的に使う商品と特別な用途に使われる高級品とがあります。
その中でロレックスの時計といえば過酷な環境で使われることが多く、その美術的な価値も高く評価されている商品です。
そしてそのロレックスをもし持っていて売却をする場合、どこで売ればいいのかを考えまず。
高い商品ですから出来る限り高く売りたいところですが、素人判断では時計にどの程度の価値があるのかわからないです。
そこで時計の買取ならウォッチファンが向いていて、ここは非常に高い専門性を持ったプロフェッショナルな買取業者です。
時計を買い取る業者は多くありますが、その多くは売買しやすいものだけを買い取りしています。
例えば特殊な価値を持った時計や、本来ならば高い値段が付く可能性のある物を評価しないです。
売りやすく買いやすい商品ばかりを重視するので、時計を本当の価値で評価しないことが多いです。
その点このウォッチファンは他社ではやらないような、詳しい調査やレアな特長なども評価するので思わぬ値段で売れることがあります。
特にロレックスのような高額商品は買取値段が数十万円変わりますから、他の業者で売るよりもお得になりやすです。
売り方も無料で鑑定キットを送ってくれるので、それに入れて郵送すればよいです。
例え売ることがなくても費用はかからないので、気楽に頼むことができて便利です。

壊れたロレックス、動かないロレックスも買取可能です

時計市場は、日々大きく変動を見せます。
一般のお客様の中には、持っているブランドの時計を売りたいけれど、信頼のおける買取先がわからないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そんなお客様にも安心して時計買取をご利用いただけるのが、ウォッチファンです。
ウォッチファンでは様々なサービスを行っています。
多くの再販ルートを持つことにより、お客様の希望に出来るだけ沿えるよう努力を行っております。
特に現在ロレックスの時計に関して強化買取を行っております。
ロレックスは、誰もが憧れる世界トップレベルの有名時計メーカーであり、常に需要の絶えないブランドです。
買取市場でも、安定した高い相場を持っています。
多くの再販ルートを確保しているウォッチファンでは、このように需要の高いロレックスは特に高額買取が可能です。
時計を売りたいけれど何から始めてみれば良いかわからないとお悩みの方はぜひウォッチファンまでご相談ください。
また、ロレックスの時計は壊れてしまった場合、修理費用はかなり高額になります。
お持ちのロレックスの時計が動かない、また水没してしまったという方もお気軽にご相談ください。
ウォッチファンでは壊れた時計も買取可能です。
もちろんご相談頂く前に、壊れた時計のメンテナンス等は必要ございません。
お持ち込み頂ければその場で査定し、買取させて頂きます。
メンテナンスは買取後、ウォッチファン側でいたしますのでご安心ください。
皆さまのご来店心よりお待ちしております。

メディア掲載情報

査定金額 10%UP ウォッチファンが他サイトより高く買い取れる理由

選べる3つの無料査定

選ばれる理由

取扱いブランド一覧

メニュー

スタッフブログ

Page Top