ロンジン買取の詳細

時計買取専門店 ホーム >

取扱いブランド一覧 >

ロンジン高額買取事例

ただいま、ロンジン(LONGINES)の時計を強化買取中!査定に掛かる費用はすべて無料! ウォッチファンがロンジンを高額買取可能な3つのポイント! 他社と比較するとこんなに変わるロンジン(LONGINES)の査定額
選ばれる6つの理由

ロンジンの買取強化アイテム

ロンジン ロンジン マスターコレクション ムーンフェイズ トリプルカレンダー L2.673.4.78.6|時計買取価格例

145,000円

[ロンジン ロンジン マスターコレクション ムーンフェイズ トリプルカレンダー L2.673.4.78.6]

C社価格105,000円

D社価格120,000円

買取差額"最大"

40,000円

ロンジン レジェンドダイバー L2.669.4.51.6|時計買取価格例

110,000円

[ロンジン レジェンドダイバー L2.669.4.51.6]

C社価格80,000円

D社価格65,000円

買取差額"最大"

45,000円

ロンジン ヘリテージ リンドバーグ アワーアングルウォッ16チ L2.678.4.11.0 |時計買取価格例

180,000円

[ロンジン ヘリテージ リンドバーグ アワーアングルウォッ16チ L2.678.4.11.0 ]

C社価格140,000円

D社価格120,000円

買取差額"最大"

60,000円

ロンジン ヘリテージ ミリタリー 1938 L2.788.4.53.0|時計買取価格例

55,000円

[ロンジン ヘリテージ ミリタリー 1938 L2.788.4.53.0]

C社価格35,000円

D社価格45,000円

買取差額"最大"

20,000円

ロンジン プリマルナ 時計 レディース L8.111.9.87.6|時計買取価格例

275,000円

[ロンジン プリマルナ 時計 レディース L8.111.9.87.6]

C社価格200,000円

D社価格225,000円

買取差額"最大"

75,000円

ロンジン フラグリッグシップ ヘリテージ L4.795.4.72.2|時計買取価格例

75,000円

[ロンジン フラグリッグシップ ヘリテージ L4.795.4.72.2]

C社価格55,000円

D社価格40,000円

買取差額"最大"

35,000円

ロンジン スピリット  L2.196.4.23.2|時計買取価格例

50,000円

[ロンジン スピリット  L2.196.4.23.2]

C社価格35,000円

D社価格43,000円

買取差額"最大"

15,000円

ロンジン コラムホイール スポーツクロノ L2.744.4.06.7 |時計買取価格例

65,000円

[ロンジン コラムホイール スポーツクロノ L2.744.4.06.7 ]

C社価格40,000円

D社価格45,000円

買取差額"最大"

25,000円

ロンジン コラムホイール スポーツクロノ L2.744.4.06.7 |時計買取価格例

120,000円

[ロンジン コラムホイール スポーツクロノ L2.744.4.06.7 ]

C社価格100,000円

D社価格85,000円

買取差額"最大"

35,000円

ロンジン アドミラル タキメーター L3.666.4.79.6 7|時計買取価格例

105,000円

[ロンジン アドミラル タキメーター L3.666.4.79.6 7]

C社価格65,000円

D社価格80,000円

買取差額"最大"

40,000円

宅配保険が0円
壊れた時計でも高額買取
時計以外にもブランド品の同時持ち込みで最低額UP!

ロンジン買取事例

ロンジン ヘリテージ コレクション ダイヤベゼル 19Pダイヤ L1.141.0.87.3|時計買取価格例

170,000円

[ロンジン ヘリテージ コレクション ダイヤベゼル 19Pダイヤ L1.141.0.87.3]

C社価格120,000円

D社価格135,000円

買取差額"最大"

50,000円

ロンジン ドルチェビータL5.158.0ダイヤベゼル14Pダイヤ レディース|時計買取価格例

65,000円

[ロンジン ドルチェビータL5.158.0ダイヤベゼル14Pダイヤ レディース]

C社価格40,000円

D社価格35,000円

買取差額"最大"

30,000円

ロンジン K18YG リンドバーグ 989.5216|時計買取価格例

350,000円

[ロンジン K18YG リンドバーグ 989.5216]

C社価格310,000円

D社価格295,000円

買取差額"最大"

55,000円

ロンジン K18YG グランド クラシック L4.693.6 スモールセコンド メンズ|時計買取価格例

105,000円

[ロンジン K18YG グランド クラシック L4.693.6 スモールセコンド メンズ]

C社価格70,000円

D社価格85,000円

買取差額"最大"

35,000円

ロンジン K18WG L ドルチェビータ L5.669.6 7万7千円|時計買取価格例

120,000円

[ロンジン K18WG L ドルチェビータ L5.669.6 7万7千円]

C社価格80,000円

D社価格60,000円

買取差額"最大"

60,000円

ロンジン K18PG 金無垢 L5.173.8.81.6 レディース クォーツ|時計買取価格例

225,000円

[ロンジン K18PG 金無垢 L5.173.8.81.6 レディース クォーツ]

C社価格150,000円

D社価格190,000円

買取差額"最大"

75,000円

ロンジン K18PGマスターコレクションL2.673.8クロノグラフムーンフェイズ トリプルカレエンダー|時計買取価格例

385,000円

[ロンジン K18PGマスターコレクションL2.673.8クロノグラフムーンフェイズ トリプルカレエンダー]

C社価格290,000円

D社価格325,000円

買取差額"最大"

95,000円

ロンジン K18PG コンクエスト ヘリテージ 3針デイト L1.611.6|時計買取価格例

135,000円

[ロンジン K18PG コンクエスト ヘリテージ 3針デイト L1.611.6]

C社価格110,000円

D社価格105,000円

買取差額"最大"

30,000円

ロンジン K18PG グランドクラシック L4.682.6 スモールセコンド トノー|時計買取価格例

130,000円

[ロンジン K18PG グランドクラシック L4.682.6 スモールセコンド トノー]

C社価格90,000円

D社価格110,000円

買取差額"最大"

40,000円

ロンジン Coulumn Wheel コラムホイール L2.749.4|時計買取価格例

125,000円

[ロンジン Coulumn Wheel コラムホイール L2.749.4]

C社価格85,000円

D社価格75,000円

買取差額"最大"

50,000円

選べる3つの買取方法

宅配での時計買取

遠方からでも買取させて頂けるよう、宅配買取も実施中!もちろん手数料・宅配キットは一切無料で、全国どちらでもご送付させて頂きます。ご返送の際の配送料も当然無料!手間が少ない、無料宅配サービスです。査定価格をご連絡し、ご指定の口座に即日入金させて頂きます。

詳細はこちら

店舗での時計買取

最短5分で査定結果が出る!査定料無料!即日現金支払い!時計の買取経験が豊富な熟練の鑑定スタッフが大事な時計を1つずつ慎重に査定させて頂きます!ご成約の場合その場で現金をお受け取りください。

詳細はこちら

出張での時計買取

時計の数が若干多い場合など、わざわざ店頭へ行くのが難しい方、又は多忙であまり店舗に行く時間が取れない方。そういった方々の為に出張買取(無料)も実施しております。お客様と日程の調整をし、ご自宅までお伺いします。買取金額もその場で現金支払い致します。

詳細はこちら

取扱い時計ブランド一覧

簡単!ネット買取の流れ

flow

こんな状態でも買取致します!

文字盤の傷
文字盤の傷

ベルトの劣化
ベルトの劣化

文字盤焼け
文字盤焼け

コマ詰め
コマ詰め

多少の汚れや傷があっても買取OK!
ただし買取金額にも影響してくるので、日頃のお手入れやメンテナンスを心がけましょう。

宅配キットを申し込む

買取をされたお客様の声

お客様の声一覧へ

カスタマーレビュー ロンジン(LONGINES)のブランド情報

1832年にスイスのサンティミエで設立された時計組み立て会社がロンジン(LONGINES)の前身になります。多くの職人を集めて、自社で一貫生産をする工場制を導入し、飛躍的に発展していきました。1927年にチャールズ・A・リンドバーグが初の大西洋単独無着陸横断飛行に成功した際にロンジンの時計を身に着けていたのは有名です。ロンジンは日本でもっとも名が知られた腕時計ブランドのひとつとして、日本人にとても馴染み深いブランドになっています。芥川賞や直木賞で贈呈される正賞はロンジンの懐中時計です。ロンジン一筋という人も周囲に多いのではないのでしょうか。ここまで親しまれているのは、繊細かつ美徳なデザインだけではなく、歴代の万博で数多くのグランプリと金メダルを獲得した高い技術があるからなのです。たくさんの冒険家を支援してきたことでも有名です。軍用時計やオリンピック公式計時などでも実績を持っています。国産の腕時計を卒業し、スイス時計を購入してステップアップを願う登竜門的な存在があり、仕事で目標を達成したときの自分へのご褒美や、昇進が決まった彼へのプレゼントに適しています。オフィスでも違和感がなく、オシャレに身につけられるものとして、デキる男に重宝されています。過去にはエルビス・プレスリーやイブ・モンタンなど、男が惚れる伝説的な男が愛用していました。現在はスウォッチグループの一員になっていますが、まっさらの新作と、過去の名作のリバイバルのどちらともに、品格を備えています。そのため需要も大きく、特に「マスターコレクション」シリーズや「ヘリテージ」コレクションなどは、時計買取市場でも根強い人気があります。

ロンジンの代表的な時計

スイスの時計メーカーには数多くのブランドがあります。その中でもアイテムも充実しており、人気も高いのがロンジンです。 ロンジンは1832年に創業をした老舗のスイス製時計を扱うブランドです。 デザインは西洋の雰囲気を纏った美しいデザインとなっており、シンプルでありながら、存在感を見事に発揮する魅力があります。 形や機能などによって呼び方が変わる時計には、ヘリテージやコンクエスト、グランドクラシック、プリマルナ、ドルチェビータなどがあります。 それぞれの特徴を説明していると長くなってしまうので省略しますが、どの時計にもそれぞれの良さがあり気品が溢れている時計が多いです。
またヘリテージであれば社会人男性のものとして良く使われており、シルバーのデザイン性に富んだものであればプリマルナなどを使用する方も多いです。 ロンジンの魅力は選べる時計ということもあり、価格帯としても数十万円から十万円を切るものまであり、その幅の広さも人気となっています。
またシルエットが魅力的な時計も多く、丸みを帯びたデザインのコンクエストなどもありますし、四角い形状をしているドルチェビータなどもロンジンの代表的な時計となっています。 スイス製時計を扱うブランドは多いですが、アイテムの豊富さやどのような方にもフィットする質感、デザイン性が魅力となっており、世界中に愛用者がいます。 もちろん日本でも手に入れることができるので、時計購入の際は検討してみるのも良いです。

ロンジンの時計 コラムホイールとは

「コラムホイール」はスポーツカーのようなデザインになっている時計で、内部までこだわりを持っている時計です。 「ロンジン」は高級感のある時計も提供していますが、機能性に特化したものも多いです。 この「コラムホイール」はその機能性とデザインを融合させたもので、より質感とデザインにもこだわっている時計です。 防水もついていることもあり、海などで利用することもできます。 さらにサファイアクリスタリを使っていることでも知られています。

ロンジンの時計 ハイドロコンクエストとは

別名”水の世界の冒険家”と呼ばれているのが「ハイドロコンクエスト」です。 この言葉の意味自体がそうなのですが、水に強い防水機能を持っており、ダイビングウェットスーツの上からでも着用できるようになっているという特徴を持っています。 その圧倒的な防水機能が特徴であり、デザインもスタイリッシュな点が優れている時計です。 シルバーを基調としたデザインとブラックの文字盤を使っているデザイン性の高さも認められています。

ロンジンの時計 マスターコレクションとは

「マスターコレクション」は「ロンジン」を代表とするモデルといっても過言ではないです。 高級感あふれる革のベルト部分とラウンドシェイプが魅力の時計で、革以外にも金属のベルトもあるので、優れたデザイン性と機能性、多種多様な方に適応する時計として利用することが出来ます。 本場スイスで生まれた時計ということもあり、世界的にも有名になっているのが「マスターコレクション」なのです。 高級時計が欲しいのであればオススメです。

ロンジンの時計 レジェンドダイバーとは

アンティーク調の色合いからブラックメタリック、シルバーなどのカラーがあり人気を得ているのが「レジェンドダイバー」です。 日本語の意味としては”伝説の潜水士”ということで、防水加工になっていることでも知られています。 現在は多くの時計がダイバーズウォッチとして防水加工になっていることが多いです。 ダイバーズウォッチでありながら革製品というところも人気が高く、どのシーンでも利用できるということで人気になっているのがこの時計です。

ロンジンの時計 アドミラルとは

ダークシルバーを基調とした色合いが特徴的なモデルが「アドミラル」です。 この時計は「ロンジン」を代表とする時計の一つであり、世界中で多くの方に愛用されている時計となっております。 高級時計として知られている「ロンジン」の時計として開発されており、シルバーとグレーを基調としたデザインが魅力です。 セラミック質になっているため、どこか近未来的で機械的なデザインとなっているのが特徴です。 機械的で重厚感があるのが人気となっています。

ロンジンの時計 プルマリナとは

ナチュラルなラインが印象的な銀河のような時計が「プルマリナ」です。 美しいシルバーを基調としており、輝きを持ちながらも落ち着きのあるデザインとなっています。 ベゼル部分にはダイヤモンドが組み込まれているものもあり、よりその価値を高めています。 また、シルバーで統一されたものが多いですが、中にはピンクゴールドを使ったものもあり、デザイン性でも高い評価を得ています。 インデックスもローマ数字を使っており、さらに美しい統一感を生んでいます。

ロンジンの時計 サンティミエとは

ラウンド型の時計であり、革と金属が織りなす芸術品のような時計として位置しているのが「サンティミエ」です。 近年はピンクゴールドを使った時計もメインに流通するようになり、その柔らかくて暖かい色合いが人気となっています。 シルバーは一見すると冷たい雰囲気を持っているのですが、ピンクゴールドとの調和によって冷たくも暖かい雰囲気を融合させることに成功しています。 「サンティミエ」は美しさと力強さを持った時計ということが出来ます。

ロンジンの時計 ドルチェビータとは

「ロンジン」は比較的ラウンド型の丸い形の時計が多いイメージがありますが、スクエア型の時計も登場しています。 エレガントでシックなオーラを醸し出すにはラウンドよりもスクエアの方が良いと思っている方も多く、「ドルチェビータ」はそういったニーズに応える時計でもあり、「ロンジン」を代表するモデルの一つでもあります。 文字盤はシンプルにシンプルで、デザインもシルバーを基調としたカラーになっているのですが、ピンクゴールドなども多いです。

ロンジンの時計 ラ・グランとは

水をはじくような美しいフォルムで完成しているのが「ラ・グラン」です。 「ロンジン」の長い歴史の中でも、様々なコレクションを持つシリーズで、アイテムも充実しているという面が強いです。 基本的にシルバーとブラック、ゴールドなどをメインとしたカラーが特徴ですが、文字盤をブルーにすることにより、一層美しいデザインとなっています。 芸術性にも富んでおり、ベルト部分から時計部分まで完成されたデザインが高い魅力と評価を持っています。

ロンジンの時計 フラッグシップとは

シンプルなデザインで構成されているのが「フラッグシップ」です。 この時計はシンプルなデザインのものが多く、高級時計ブランドのモデルの中では比較的リーズナブルな価格に設定されています。 もちろん質を損なわず、それでいて美しいデザインを保っているので、安定したモデルとして利用されています。 現在は多くの方が利用しており、セレブで「ロンジン」を愛用している方もいます。 デザインも多様に用意されており、選ぶ楽しさもあります。

ロンジンの時計 グランヴィテスとは

「グランヴィテス」は三つのメーターが特徴的な時計となっています。 時計ブランド「ロンジン」の時計として活躍しており、高級感あふれるデザインが人気となっています。 時計自体がモータースポーツをコンセプトとしているため、デザインもどこか車のメーターのような作りになっています。 それがスピード感を演出しており、腕時計でありながら風を巻き込んでいきそうなデザインも魅力となっています。 カラーとしてはシルバーやブラックがメインです。

ロンジンの時計 ヘリテージとは

滑らかで高級感を演出する「ロンジン」のモデルとして主流なのが「ヘリテージ」です。 スクエアデザインのものも多いですが、ラウンドシェイプがメインとなっており、曲線が描く時計の質感は実に滑らかです。 触り心地の良ささえも感じさせるデザインとなっており、カラーとしてはシルバーやブラック、ピンクゴールドが多い印象。 文字盤はにはホワイトで様々なインデックスを掲載し、ブラックの文字盤なども登場しています。 スタイリッシュな時計として有名なのが「ヘリテージ」です。

ロンジンの時計 アビエーションとは

「ロンジン」の長い歴史の中で活躍してきたモデルとして「アビエーション」があります。 デザインは様々なものが多数ある「ロンジン」ですが、シンプルで機能性に特化したものも多いです。 それがこの「アビエーション」であり、高い機能性と懐かしい懐中時計のような雰囲気も醸し出しています。 また、近年のもののデザインとしては、斜めになった文字盤を囲うようにフレームが作られているラウンドシェイプが特徴なタイプなども登場しておりさらに人気を集めています。

ロンジンの時計 コンクエストとは

1832年創業の「ロンジン」から提供されているのが「コンクエスト」です。 スポーツタイプの時計となっており、スポーティでスタイリッシュなデザインが特徴となります。 美しくまとめられたシックでデザインとなっており、使っている人の気持ちをありとあらゆる面で爽快にさせてくれる時計となっています。 美しいフォルムから醸し出される雰囲気は高級感を帯びており、セラミック調の質感がさらにその高級感を盛り上げていくれています。

ロンジンの時計 シングルプッシュクロノとは

アンティーク調で彩られており、レトロな雰囲気をも持っているのが「シングルプッシュクロノ」です。 しかし、古いという雰囲気ではなく、しっかりと作りこまれたデザインが魅力となっており、ラウンドシェイプがよりそのデザイン性の向上に努めています。 さらにベルト部分には革を使うことによって、美しさと気品を保っています。 そのベルト部分の革はアリゲーターのものを使用しているということもあり、雰囲気や質感、香りなども楽しむことが出来ます。

ロンジンの時計 タキメータークロノとは

ラウンドシェイプから伸びているフォルムが特徴的なモデルが「タキメータークロノ」です。 この時計の特徴な何と言っても文字盤。ホワイトを基調とした文字盤となっており、インデックスアラビア数字などを使用しています。 また、タキメーターを使用することによって利便性の向上にもなっているという点が評価されています。 ストラップ部分はアリゲーターの革を使用しており、カラーとしてはブラックを基調としたものとなっているのが特徴です。

ロンジンの時計 アビゲーションとは

「アビゲーション」は「ロンジン」の中でも有名なモデルであり、多くのファンがいます。 「ロンジン」は様々なモデルがあるのですが、それらのモデルの中で「アビゲーション」という言葉を聞いたことや見たことがあるという方もいるとおもいます。 「ロンジン」の代表的な時計の中には「アビゲーション」というモデルも多くあり、特徴としてはラウンドシェイプでストラップ部分が革になっていることなどが挙げられます。 価格帯としては数十万円に設定されています。

ロンジンの時計 エヴィデンツァとは

ストラップが革製品になっていることが多い「ロンジン」ですが、その中でも比較的金属製のベルトになっていることが多いのが「エヴィデンツァ」です。 特徴としては、その金属で構成されたベルト部分なのですが、編み込みタイプになっており柔軟性と硬度性を高めています。 また、文字盤の数字にローマ数字をインデックスとして使用することによって美しく高貴なイメージの時計として完成されています。 カラーもシルバーやゴールドがあります。

ロンジンの時計 トラディションとは

様々なコレクションに使われているのが「トラディション」です。 「ロンジン」の中でも有名なモデルである「マスターコレクション」や「サンティミエコレクション」「エヴィデンツァ」「エレガントコレクション」「コンクェストクラシック」などのモデルに使われているもので、「ロンジン」の有名な時計には「トラディション」であることも多いです。 エレガントでありながら、シンプルなラウンドシェイプの時計に多く、高級感と静寂な雰囲気を保っている時計です。

ロンジンの時計 クル・ド・パリとは

何と言っても特徴的なのはそのストラップのカラー。 「クル・ド・パリ」モデルの時計はカラフルなストラップが主流となっており、パリの雰囲気を詰め込んだ時計と言っても過言ではないです。 もともとパリなどのコレクションではモノトーンは禁物とされていた歴史があるため、カラーが豊富な点が特徴です。 レッドやオレンジ、スキンカラーなどのストラップが印象的です。 もちろんブラックのストラップにもなっているものも多いのが特徴で様々なシーンで使えます。

ロンジンの時計 ベッレアルティとは

丸いシルエットのフレームで彩ることが多い「ロンジン」の中でも、スクエアシルエットになっているデザインも豊富です。 そのモデルの代表的案ものの一つとして位置しているのが「ベッレアルティ」です。 基調としてはシルバー色を使っており、文字盤はホワイトとシンプルな作りになっています。 それでいて美しい気品や上流階級が使うアイテムとしての品質があります。 しかし、価格帯としてはブランド時計の中では比較的リーズナブルな方でもあります。

ロンジンの時計 1926とは

「1926」モデルシリーズは特徴的な文字盤とデザインが人気の時計です。 その名の通り1926年に発表された時計で、長い歴史を持っているシリーズでありながら、その歴史の深みがそのまま魅力となっている時計です。 文字盤にはアラビア数字がインデックスとして利用され、視認性の高さでも有名です。 カラーとしてはピンクゴールドやシルバーを使っており、ベルト部分はホワイトやグレー、シルバー、ブラックなどのカラーを揃えています。

ロンジンの時計 サンフォネットとは

「サンフォネット」は「ロンジン」から発表されているモデルであり、特徴的なデザインが魅力の時計です。 「ロンジン」は比較的安定してシンプルなデザインが多いのですが、その「ロンジン」の中でもダイヤモンドを複数使用しているのが「サンフォネット」です。 ベゼル部分にもダイヤモンドを散りばめているということで、高級感が溢れている時計となっています。 またシルエットも楕円形になっており、ブレスレットやジュエリーとして使用できます。

ロンジンの時計 グランドクラシックとは

インデックスにアラビア数字やローマ数字を使用することが多い「ロンジン」ですが、その中でも「グランドクラシック」は文字盤がシンプルなことが逆に上品で飽きのこないデザインとして評価を受けています。 高級感あふれ上品に保たれたそのシルエットの存在感は見事で、付けている人のステータスをさらに向上させる効果を持っています。 さらに時分針が若干太くなっていることによって、視認性と高級感をさらに向上させているのが特徴です。

ロンジンの時計 ウルトラクロンとは

特徴的なフォルムが多い時計業界ですが、「ロンジン」の時計は根底にある美しいシルエットというのを守っています。 それがラウンドシェイプであり、時計としての機能を一番発揮できるデザインとなっています。 その時計の中でも人気なのが「ウルトラクロン」で、高級感あふれるゴールドやシルバーを使ったフレームが特徴となっています。 文字盤はブラウンやホワイトもありますが、レモン色のようなカラーも使っており、独創性にも富んでいます。

ロンジンの時計 リンドバーグとは

「リンドバーグ」は文字盤がオリジナリティあふれるモデルとなっており、「ロンジン」の特徴がふんだんに盛り込まれたモデルとなっています。 そのモデルの特徴はやはりラウンドシェイプで滑らかなデザインに定評があります。 また、「リンドバーグ大陸横断80周年記念」モデルなどは、ベゼル部分に斬新な装飾が施されているのが特徴となっています。 文字盤もブラックとホワイトの二色に分けられており、クリエイティブな時計として知られています。

ロンジンの時計 ゴールデンウィングとは

日本語に訳すると”黄金の翼”という意味を持っている「ゴールデンウィング」は、高級時計ブランド「ロンジン」の時計として有名です。 その圧倒的にエレガントでクリエイティブなデザインが評価を受けており、それでいてシンプルでもあるという表現が難しい時計となっています。 カラーとしてはシルバーやゴールド、ピンクゴールドなどを使っており、美しいデザインとなっています。 全体的にまとまりのあるデザインとなっているので飽きがこないモデルシリーズです。

ロンジンの時計 ルンゴマーレとは

エレガンスと革新をコンセプトに時計作りを展開してきた「ロンジン」のなかでも、スポーティでデジタル的なインデックスが特徴的なのが「ルンゴマーレ」です。 統一感のある文字盤となっており、一定間隔ごとに目盛りがついているので視認性も高く利便性の面でも評価が高いです。 「ロンジン」のガラスで良く使われるサファイアガラスを基本とし、素材はステンレスとなっているので傷が付きにくいことと美しくシックなデザインとなっているのが特徴です。

ロンジンの時計 コメットとは

シンプルや高級感なデザインが多い「ロンジン」ですが、その中でもクリエイティブなデザインで発表されたのが「コメット」です。 特徴的な丸みを帯びたスクエアシルエットとなっており、文字盤がなんといっても独創的です。 中心を囲うように円形のラインがひかれており、ブラックベースにイエローという特殊な文字盤となっています。 ほかにもベルト部分から文字盤までブルーで彩られおり、ホワイトと組み合わさっているデザインとなっているモデルなどもあります。

ロンジン買取が高値な理由は歴史とデザインで人気があるからです

ロンジン買取が高値な理由は、日本の場合は芥川賞や直木賞で贈呈される正賞にロンジンの懐中時計だからといわれています。
さらに「マスターコレクションシリーズ」や「ヘリテージ」コレクションは時計の買取市場やオークションでも人気があります。
また、ロンジンは歴史がある会社としてブランド化されていることで買取価格が高値になっています。
1832年にスイスで設立された組み立て会社が前身となり、その後、工場制など採用し発展したとして知られています。
特に大西洋の単独無着陸横断飛行が行なわれた際に使われたことで一層、有名になりました。
ロンジンの時計はファッショナブル性が高いとして人気があります。
特に男性の場合、オフィスでも違和感なく使用できることから重要が高いです。
また、贈り物としても適していることから自分への褒美や男性の友人向けに好まれています。
多くの有名人も愛用していることでも知られ、あこがれの時計としても認知されています。
ロンジンの時計は現在、新作や過去の名作のリバイバルが販売されています。
買取で人気なのは過去のアンティーク品とリバイバル品です。
中でも装飾が色々と行なわれている時計よりもシンプルなデザインの時計が高値となっています。

ロンジン買取ならウォッチファン

なぜ、「ロンジン買取ならウォッチファン」なのでしょうか?まずウォッチファンでは、ロンジンのブランドを高く評価し、他社よりも高価買取をしているからです。
スイスの有名なメーカーとして、日本でも腕時計ブランドとして名が知られているロンジンは品格があり、オフィスでも違和感がなく、オシャレに身につけられるため、デキル男の高級腕時計のブランドとして贈り物や自分へのご褒美として需要があります。
デザイン性だけでなく、歴代の万博で数多くのグランプリと金メダルを獲得した高い技術、軍用時計やオリンピック公式時計などの実績があり、熱心なファンも多く、種類も新作から過去のリバイバルまで幅広く評価され、「マスターコレクション」シリーズや「ヘリテージ」コレクションなどは、時計買取市場でも根強い人気があるという事をウォッチファンはよく理解しています。
折角デキル男のマストアイテムを手放すからには、より評価してくれる所に買取をお願いしたいと思うものです。
また、買取方法も店舗買取だけでなく、お客様のニーズに合わせて、宅配買取や出張買取にも対応しており、全国どこからでも取引ができます。
熟練の鑑定スタッフにより大切な時計が慎重に査定されるので安心です。

壊れたロンジン、動かないロンジンも買取可能です。

時計は水没した場合、修理が大変難しくなります。
小さな本体の中に、精密機械が備わっている時計は、水没による影響で内部の部品が正しく作動しなくなり故障してしまいます。
一度水没によって壊れた時計は、例え修理をし、元通りに動くようになっても、新品の時ほどの性能を取り戻すことはできません。
また、これは水没のみではなく、湿気や汗などにも言えることです。
高温多湿の場所に長時間時計を放置したり、激しい運動などをする際に時計をつけたままにしておくと、水没してしまった場合と同じ現象が起こり、内部の部品が壊れて動かなくなってしまいます。
水没した時計を修理に出す場合、新規で時計を購入する際の8割以上の修理費がかかることがあります。
またロンジンなどの高級時計メーカーとなると、正規取扱店のみでしか修理ができなかったり、ひどい故障の場合はスイスまで送り返して修理が必要になるため、オプションで修理費がかかります。
ロンジンなどの壊れた動かない時計をお持ちの方は、一度ウォッチファンまでご相談ください。
高い修理費を出して寿命の長くない時計を使うより、売ったお金で新しい時計をご購入頂いてはいかがでしょうか。
ウォッチファンでは、壊れた動かない時計、水没した時計、また傷がついたものや汚れがとれないもの、どんな時計でも高額買取しております。
査定は即日スピーディーに行います。
特にロンジンは強化買取しております。
ぜひご相談ください。

メディア掲載情報

査定金額 10%UP ウォッチファンが他サイトより高く買い取れる理由

選べる3つの無料査定

選ばれる理由

取扱いブランド一覧

メニュー

スタッフブログ

Page Top